美容虎の穴のgrian.netオフィシャルサイト

グルコサミンは関節痛に悩む人たちに大反響

日本でも、飛び火する形でグルコサミンに注目が集まり、一九九七年に初めての臨床実験が行われました。一九九八年三月には、国内初のグルコサミン製品が発売されたのを度切りに多くの健康食品メーカーが製造販売を開始しています。以来、グルコサミンは関節痛に悩む人たちに大反響を巻き起こしてきました。ただ、日本もアメリカ同様、現在に至るまでグルコサミンは健康食品という位置づけで扱われています。健康食品の正しい利用法は厚生労働省の「健康食品」のホームページ(※新規ウィンドウ・PDF表示)でご覧ください。一方では、その効果への期待の大きさを裏付けるかのように、治療例を紹介する研究報告が各地の専門会議で盛んに行われているにもかかわらずです。なぜ、グルコサミンが、日本やアメリカでも、ヨーロッパのように医薬品としての位置を確保しないのかと疑問に思われる方もおられるかもしれません。答えのひとつとしては、グルコサミンは、物質としては百年以上前から知られていたものであり、あまりにもポピュラーな素材ゆえに、医学的、食品学的な用途に改めて注目される機会がなかったからということがあげられます。

[関連サイト]
サントリーウエルネスオンライン通販のグルコサミン & コンドロイチン
http://www.suntory-kenko.com/supplement/main/43341/
グルコサミンについて

就寝前にメラトニンを健康食品からとる

アメリカでねむりをさそう物質の定番はメラトニンだ。メラトニンは、松果体から放出されるホルモンである。わたしたちヒトの松果体はトウモロコシの一粒くらいの大きさで脳のほぼまん中にある。メラトニンは、夜だけ放出されるため、「暗闇のホルモン」というニックネームがついている。夜に放出されるメラトニンはヒトの体温を下げて、ねむりにつきやすくする。すなわち、メラトニンは、ヒトが朝に目覚め、夜にねむるという一日の周期、いわゆる体内時計をコントロールしている。真夜中でも仕事をしている人、不規則な生活をする人は、寝つきにくくなったり、ねむりが浅くなったりするといった睡眠障害に悩まされやすい。じつに、日本人の五人に一人が不眠症を訴えている。こうした不眠症の人の場合、夜に体温を低下させ、ねむりにつかせるはずのメラトニンは、いったいどうしたのか。肝心のメラトニンは、たとえ夜になっても光が目に入るために放出されないのである。これが睡眠障害の原因である。睡眠障害を治すには、朝起きてすぐに太陽の光にあたり、その一方で、就寝前には光にあたらなければよい。それから、メラトニン不足を補うために、就寝前にメラトニンを健康食品からとるのもいい。

[参考サイト]
サントリーの健康食品・化粧品
http://www.suntory-kenko.com/
> 健康食品の詳細

エステサロンはプッシュ型営業

いくら経営者が「強引な営業をしてはいけない」といましめても、かけ声だけでは意味がありません。そこで、まずはプッシュ型の営業行為を必要としない体制をつくらなければならなかったのです。エステティック業界で、スタッフたちにプッシュ型営業を強いてきたのは、歩合制やノルマ主義の存在です。そもそも、エステティシャンは歩合制の契約社員であることが多く、その立場は非常に不安定でした。歩合制の場合には、給与の額も営業成績によって異なります。サロンごとに定められた営業ノルマを達成できなければ、約束された報酬さえ受け取れないこともあります。満足できる収入を得るためには、たとえお客さまが望まないことであっても、多少強引ではあっても、とにかく契約をとるための営業行為に励まざるをえない仕組みになっていたのです。

未熟な医師がデコボコになるのを避ける

脂肪は下の方の層から取っていくのが原則で、表面のところを取るとどうしてもデコボコになりやすいのです。理屈ではわかっていても、経験の乏しい医師にはこれがなかなか難しいのです。いったんデコボコになるとまず治りません。で、未熟な医師がデコボコになるのを事前に避けるためにどうするかといえば、少しだけ吸引して「はい、終わりです」となるわけです。これでは、スリムで美しいボディラインを自分のものにできる、と決して安くはない費用をかけて手術に臨んだ患者さんがあまりにも可哀相です。でも、考えようによっては、出血やデコボコを避けるため、ある程度の脂肪吸引で打ち切ってしまうのは、その医師が自分の未熟さを自覚してリスクを避けたわけですから、ある意味では良心的と言えるかもしれません。これが逆に、未熟なまま平気でどんどんやってしまったりしたらそれこそたまりません…。
銀座イーストクリニックの脂肪吸引

美容整形外科の姿勢が分かる

ワキガの治療法は何種類もあり、取り組み方を見ればその美容整形外科の姿勢が分かるといわれているものです。逆にいえばパーフェクトとなる決め手がないと言えるかも知れません。ワキガの治療は、ワキの皮膚の中にあるアポクリン腺をすっかり削って取り除きたいという誘惑にかられるものですが、取り過ぎると皮膚の潤いを保っている皮脂腺や血管もいっしょに削いでしまうので、紙のようなペラペラな皮膚になる恐れがあります。これでは若くて綺麗な女性の皮膚とは呼べません。こうした治療の代表的な術式である「反転剪除法」は、皮膚を薄く削いで汗腺や皮脂腺、毛根を削り取って縫い合わせるのですが、最終的な見栄えは非常に悪くなります。この手術法は、皮膚を生かすために皮膚移植のようにその下にある脂肪組織にがっちり固定して、一週問は絶対安静を保つようなやり方をします。それは上腕を水平以上に上げてはいけないという生活制限以外に、「タイオーバー」といわれる皮膚移植の際に行われるやり方を、この手術の時に用います。これはタコ糸のような太い糸で縛り付けるやり方で、薄い皮膚をガーゼなどで上から圧迫固定をするのです。